葬儀の際のお布施の包み方や僧侶への渡し方

###Site Name###

お布施とは、葬儀などの際に僧侶に渡す謝礼のことをいい、枕経から初七日分までをまとめて渡すケースが増えています。

通夜から葬儀のお布施は、通夜から告別式までの全ての読経料を含み、最近では戒名料を含めた形で支払うこともあります。

お布施を包む際は白い封筒を使用し、表書きは普通の墨で書くようにします。

葬儀情報に精通したサイトです。

表書きは御布施・経典料などで、下段は施主の姓若しくは施主の氏名を記入します。

二重になっているものは不幸ごとが重なるといわれることから、二重封筒は避けた方がよいです。

お札の入れ方としては、封筒に入れる際に表が最後になるように入れます。




半紙の中包みに入れて、奉書紙で包むのが正式な形です。



通夜や葬儀の読経が終わり、僧侶か帰る際はお礼としてお布施を渡しますが、切手盆または小さなお盆を用いて渡すのが一般的な作法とされています。

桑名の葬儀の情報を公開しています。

お盆が用意できない場合は袱紗でも問題はないです。



差し出す際は文字の正面を僧侶の方に向けます。

https://www.youtube.com/watch?v=0sPVs96Bjh8
http://www.th-pc.jp/doubutukuyoukyougikai.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E5%85%83%E4%BE%9B%E9%A4%8A